サラリーマンでもできる節税対策

スポンサーリンク

ぼくの年収は920万くらいなんですが、手取りにするとだいたい700くらい。。(6月から年末調整が反映されるのでもう少し今年は多くなるはず。)
ちょっとでも取り返したいですよね。今回はぼくがやってる微々たる節税を紹介します。

まず前提として税金は勝手に減らない。教えてくれない。

税金って基本的に自分から申請しないと返ってこないものなんですよね。
忘れてません?など税務署からから聞いてくることはないですよ?
なので、自分で調べて申請できることを探さないといけません。

「還付金があります。」なんて電話がかかってくることはありません。それは詐欺です。注意です。

idecoの控除

image

節税効果としてこれが一番でかいです。月額23,000円、年額276,000全額が控除になります。
簡易シミュレーションでやってみると、所得税と住民税合わせて
84,000円
となります。仮に投資商品で多少マイナスになったとしてトータルリターンではかなり上振れるんじゃないかなと思います。
また、投資をやらない預金派の人でも、預金としてidecoを利用できるのでぜひ検討して欲しいです。
(60歳まで下ろせないという制約付きなのですが)

ふるさと納税

収入に応じて額は変わってきますが、実質2000円で色々なものが手に入ります。
ぼくはお米や普段自分ではあまり買わない季節の果物やうなぎや海鮮ものを頼んでます。
さとふるを利用してます。
10万円分くらい使ってます。

生命保険の控除・個人年金控除

二つで8万円の控除になります。 
正直入らなければよかった。。と後悔してる件ですが、せめて取り返せたらな・・という気持ちでやってます。

まとめ

ideco以外微妙です。。

サラリーマンだと基本的にあまり減らせないんですが、何もやらないよりはずっとマシかなと思ってます。
長期で見たら結構変わりますし、節税できた分は全て投資へ回せますしね。
へへへ。

あとは医療費とか扶養家族とか住宅ローンとか可能な方は調べてみると良いですよ。

あ、ぼくには関係ないですが、営業マンだとスーツが経費にできたりするらしいですね。
ぼくには関係ないですが。。

ブログがすごい収益を出したら法人を立ててとか考えた方が良いのかな(夢)
調べておかなくてはならない!! 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ
ポチッと応援お願いします!!


ポチッと応援お願いします!!