iDeCoに入るべきか判定。

スポンサーリンク

どうも。
こんにちは!

最近、会社でよくiDeCoについて質問されます。

僕自身は加入していて、とてもオススメしているのですが、メリットとデメリットがあり人によるところもあります。

そこで今回は、iDeCoに入るべきか否かをフローチャートにまとめました。

同僚さん
同僚さん

iDeCoに興味あるんですがやった方が良いんですか?
投資は怖いんですが。。

ぼく
ぼく

多分やった方が良い。
人によるところもある。

iDeCoに入るべきか否か

老後のためにお金を貯めたい。作りたい。→YES

毎月、決まった日に銀行口座から決まった金額が引き落とされます。

天引きは、お金があると使ってしまう人には最適な貯金方法ですので大変オススメです。

また、iDeCoは60歳まで下ろすことができませんので、長期間、強制的に貯めることになります。

そのため60歳まで時間があまりない場合はあまり有効ではありません。※長期投資にならないため。

今すぐ大金が欲しい。→NO

iDeCoでは、拠出額(掛け金)が限られておりますし、FXのようなレバレッジの効いたハイリスクな投資が行えませんので、すぐに大金を得ることはできません。

代わりに長期間での投資になるため比較的安全に資産を増やせる可能性が高いと思われます。

安定した収入がある。→YES

基本的に毎月決まった額が引き落とされるので、安定して収入がないと生活が厳しい状態になってしまいます。

iDeCoをやっているせいで、借金を作ってしまった・・・では本末転倒です。

生活防衛金(3-6ヵ月分以上の貯金がある)→YES

iDeCoは60歳まで基本的に下ろすことができません。
仮に職を失い収入が無くなっても下ろせません。
そうなった場合に困らないような蓄えを作った上で始めましょう。

60歳まで一切下ろせないことを覚悟している。→YES

繰り返しになりますが掛け金は基本的に60歳まで下ろせません。
十分に覚悟した上で始めましょう。

セミリタイアを目指している場合は向いてないかもしれません。

教育資金が収入と貯金で賄えない場合も難しいです。

投資は絶対にやりたくない。→YES、NO

iDeCoには投資信託だけではなく、定期預金という商品も用意されています。

絶対に投資はしないという人や、投資をしたいが何を買って良いかわからない。という人はまず定期預金で始めるのも良いと思います。

定期預金では全然増えないのでは・・?と思うかもしれませんが、iDeCoでの掛け金は全額控除の対象になりますので、それだけで税金が安くなりお得になります。

銀行の定期預金に眠らせておくだけなのであれば、iDeCoの定期預金で眠らせておく方がはるかにお得です。

まとめ

大抵の人の場合はiDeCo入った方が良いのかな・・と思います。

大抵の場合の人のイメージ↓

  • 定年まで働くつもり。
  • 生活防衛金がある。
  • 投資はしない。貯金しかしてない。

あと、投資信託を買う場合には十分に勉強して納得できる商品を買いましょう。
僕の結論はeMAXIS Slim 米国株(S&P500)でした。
が、人によって答えは違うと思います。

ちなみに、単純に株式投資を始めたい場合は積み立てNisaから始めるのがオススメです。

ぼく
ぼく

興味あります!って言ってて、
本当に始めてる人は数人だけどね。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ
ポチッと応援お願いします!!


ポチッと応援お願いします!!