【確定申告】e-taxでの確定申告の流れ(簡単でした)

スポンサーリンク

どうも。こんにちは!

今年は初めて自分で確定申告しましたのでまとめておきます。

僕の場合、会社で年末調整した上で、以下の3つをe-taxで申請しました。

  • 米国株配当金の現地課税分
  • ふるさと納税
  • 医療費控除
ぼく
ぼく

難しそうでなんかすごく嫌だったけど、
やってみたら簡単だったぞ!

用意・準備するもの

共通で必要なもの

  • e-taxのアカウント(e-taxのアカウント申請に身分証明書が必要です。)
  • 源泉徴収票

ふるさと納税で必要なもの

ふるさと納税証明書

医療費控除で必要なもの

病院の領収書

米国株配当金の現地課税分で必要なもの

年間取引報告書

いつから始められるか?

e-taxの申請は1/6から始めることが可能です。

ただし、申請に必要な書類がそれより後になります。

  • 源泉徴収票 → 会社によると思うが 1月末までには用意してくれる。
  • 年間取引報告書 → SBI証券の場合は1/16からウェブサイトで確認可能になる。

僕の場合は、年明けすぐに源泉徴収票をもらえたので1/16に申請しました。

全体の流れ

  • e-taxのアカウントを取得する
  • 源泉徴収票を手に入れる(会社でもらう。)
  • e-taxにログイン
  • 基本情報(住所など)を記入する。
  • 各種入力する(今回は、米国株配当現地課税分、ふるさと納税、医療費控除を入力しました。)
  • 申請

e-taxのアカウントを取得する

アカウントの作り方

e-taxのアカウントは以下を参考にしてくださいませ。

e-taxにログイン

まずは国税局のe-taxのページに行きます。

【確定申告書等作成コーナー】-作成コーナートップ

「作成開始」をクリック

「e-Taxで提出 ID・パスワード方式」をクリック

取得したIDとパスワードを使ってログインします。

基本情報(住所など)を確認・記入する。

ログインすると僕の場合、以下のようなアラートが出ました。
なぜかわかりませんが住所の一部間違っていたので修正しました。

tips: 予定納税額

サラリーマンで収入が2000万以上ではない、または、給与の所得以外ない場合は入力不要です。

もちろん僕は入力不要でした。

各種設定

申告書の種類を選ぶ

申告書の種類を選びます。今回、僕が申請したいのは、

  • 米国株配当現地課税分
  • ふるさと納税
  • 医療費控除

なので、所得税となりました。

さらに進むと、上の画面が出てきます。
僕の場合は左の給与・年金の方になります。

次の画面では、提出方法を選択します。
ネット経由でそのまま提出したいので上をチェック。

そのあと給与/年金、給与先の個数を選択していきます。

適用を受ける控除を選択します。僕の場合はこちらを選択しました。

  • 米国株配当現地課税分 → 外国税額控除
  • ふるさと納税 → 寄附金控除
  • 医療費控除 → 医療費控除

給与所得の入力

源泉徴収票を見ながら入力していきます。図示されていてわかりやすかったです。

所得控除の入力(ふるさと納税、医療費控除の入力)

次の画面に来ると、源泉徴収票の内容が反映されています。

このページでは、ふるさと納税医療費控除が入力できます。

ふるさと納税

詳細は以下を参考くださいませ。

医療費控除

詳細は以下を参考くださいませ。

税額控除等の入力(米国株配当現地課税分)

で、外国税額控除を選びます。

詳細は以下を参考くださいませ。

送信する

以上の入力が完了したら、名前・住所・還付金の振込先口座入力などを経て、最終的にデータを確認し送信して終わりになります。

まとめ

難しい言葉がたくさん出てきて難しい印象が多い確定申告ですが、やってみると意外と簡単に終わりました。

勉強になり、還付金もいただけて、一石二鳥であったと思います。

ぼく
ぼく

来年はこの記事を見ながら申請しようと思う!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ
ポチッと応援お願いします!!


ポチッと応援お願いします!!