マネックス証券のiDecoのオススメ銘柄

スポンサーリンク

楽天証券でのオススメも考えてみたので、マネックス証券でのオススメは何かを調べてみたいと思います。

そもそもマネックス証券っていいのか?

手数料はSBI証券、楽天証券と完全に横並び状態で最安値となっています。

マネックス証券のアドバンテージ

手数料、取扱銘柄が他とあまり代わり映えしないのですが、給付条件の選択肢が広くなっています。

給付条件とは運用金の受取方法なのですが、例えば、SBI証券だと一括年金(5年か10年分割)のどちからから選ぶことになりますが、マネックス証券の場合は、一括年金 (5年~20年分割)・併給 を指定することができます。

併給とは、例えば半分は一括でもらい、もう半分は10年分割でもらうという選択が取れます。

60歳になって状況に応じて受け取る方法の選択肢が増えるというアドバンテージがあります。

オススメ銘柄

個人型確定拠出年金「iDeCo/マネックス証券」

この中から選んでいくわけですが、
手数料が高いもの(0.25%まで)日本、債券、を除外します。

除外理由は以下です。
手数料→ 長期なので手数料の差が大きくなってくる。
日本 → 成長の見込みがないと思っている。
債券 → 増えない。手数料負けする。長期なら株式の方が良いと思っている。

で、残ったものが以下になります。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)[三菱UFJ 国際投信]

信託報酬 0.17280%

米国のインデックスで最も人気のあるS&P500に連動した投資信託です。
手数料も安く、個人的にはこれ一本で良いと思っています。
ぼくはSBI証券のiDeCoで100%eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)に投資してます。

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス [三菱UFJ 国際投信]

0.11772%

米国に集中してしまうのが怖い方には先進国に幅をもたせたeMAXIS Slim 先進国株式インデックスがオススメです。
手数料も安く
ただ、65%がアメリカなのでそこまで分散されるわけはないのと、他の国が入る分リターンが弱くなります。

まとめ

銘柄も良いものがありますし、手数料も安いです。
もうすでにマネックス証券を利用してる方なら迷わずiDeCoもマネックスかなと思います。

では!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 高配当株へ にほんブログ村 株ブログ つみたてNISAへ
ポチッと応援お願いします!!


ポチッと応援お願いします!!